あなたはお盆にきちんとお墓参りしていますか?

お盆にはお供え物を添えるわけですが、お供え物の他に、迎え火や送り火をする風習の地域もあるのです。昔は当たり前のように行われていた、迎え火や送り火なのですが、最近はあまり見なくなりましたよね。

そこでこの記事では、

  • お盆の期間について
  • 迎え火について
  • 送り火について
  • お供え物について

それぞれ解説していきます。今までお盆のお供え物や迎え火・送り火について詳しくなかった方も十分理解できるかと思います。

ぜひ最後まで読んでいただき今年は価値あるお盆を迎えましょう。

スポンサーリンク

一般的なお盆の期間について

全国の一般的なお盆の期間は、

8月13日~16日(4日間)

です。地域によっては

7月15日頃

にも行われます。旧暦の7月15日というのは、新暦でいう8月15日頃に当たります。

関東の一部や沖縄では新暦となった現在でも7月15日頃に行われるところがあるんですよ。こういった風習もあるので、お盆の時期って結構曖昧だったりするんですよね。

ちなみに私の住んでいる地域や田舎は、8月13日からがお盆期間なので、一般的なお盆期間に当たります。分かりやすくお盆に行われる行事を表にまとめてみましたので見てみましょう。

日程 主な行事
8月13日(盆入り・迎え盆) 迎え火をしてご先祖様を家に迎えます。主にお墓の掃除とお墓参りをします。
8月14日・15日 お盆の法要・供養の儀式を行います。
8月16日(盆明け・送り盆) 送り火をしてご先祖様を霊界へ送り出します。

上記は一般的な行事予定で地域によっては

  • 「精霊流し(せいれいながし)」
  • 「灯篭流し(とうろうながし)」

を行う地域もあります^^

最近は迎え火や送り火を炊く地域も少なくなってきて残念ですが。田舎に帰るとまだまだ、盆入りに行う迎え火・盆明けに行われる送り火は行われてたりしますよ。

では、次に各行事について紹介したいと思います。

迎え火とは?

迎え火とは、先祖の霊がこの火を目印にして迷わずに戻って来れるように願ってする行事です。

  • 新暦では、8月13日
  • 旧暦では、7月13日

に行います。

迎え火の仕方
  1. 迎え火は新旧共に13日の夕方に行います。
  2. 初めに盆提灯の火を灯します。
  3. 家の門口もしくは玄関先で、*焙烙(ほうろく)の上で*オガラを焚き合掌。
  4. 先祖の霊を迎えます。
  5. ご先祖の霊は燃やしたオガラの煙に乗って家へ戻ってきます。

※焙烙:素焼きのお皿

※オガラ:麻の皮をはいだ後に残る芯の部分

迎え火にオガラを使う理由
オガラを使う理由ですが、昔から麻は清浄な植物として考えられていています。また、意味としては悪いものを祓って清めるといった意味もあるのです。

迎え火は元々、お墓で炊いた送り火を提灯に灯して家に持ち帰るのが一般的でした。

最近はお墓から家までが遠い家も多いので、玄関先で迎え火を炊くところも多いです。

送り火とは?

送り火とは、先祖を霊界へ送り出す意味があります。

最近は迎え火同様に玄関先で送り火を炊くところも多く、送り火に使用した白提灯なども送り火で燃やしたり、それが難しい場合、菩提寺に持参し供養してもらいます。

送り火の仕方
  1. 盆明けの16日(一般的には夕方)に迎え火を行った場所で行います。
  2. 迎え火と同じように火を焚いて先祖の霊を見送ります。
  3. オガラと一緒に、胡瓜・ナスで作った馬や牛などの乗り物があれば、一緒に燃やします。
  4. 燃やした火の煙に乗り、先祖がお墓へ帰るとされています。

ちなみに私の両親の田舎ではこの風習が根強く残っていて、お盆の間は迎え火の火種が灯った白提灯が玄関先に祭られていました。今思うととても貴重な体験だったんだなぁとつくづく感じます。

お盆での”お供え物”は何を供える?

お盆の時期にはご先祖様が仏壇へ戻ってきますので、普段と違ったお盆らしいお供え物をするのも一考です。

お盆のお供え物
  • お盆用のお菓子
  • 丸い形状の果物(なし・リンゴ・スイカ・メロンなど)
  • 焼き菓子・煎餅など
  • 飲み物(お酒も可)
  • お団子など

上記は個人的にお供え物としてお勧めできるものです。ただ、ここで気を付けておきたいのが、

  • 果物類は皮を剥いて食べれる様にしておく
  • 煎餅、焼き菓子などは箱を取り除き、小袋に分けてお供えする
  • 生ものなどの腐りやすいものは小まめに取り換えるのが理想

お盆中は特に、ご先祖様への配慮の気持ちを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?お盆の時期や習わしは、その地域それぞれだと思います。そのため、地域に合った風習に習うようのがベストです。

一番は、ご先祖様の供養をする!と言う事を念頭に置き、感謝の気持ちを持ってお盆を過ごすようにしましょう。

それが、ご先祖様からすると一番の供養になるのではないかと私は思います。
スポンサーリンク
おすすめの記事