年末年始の縁起物、おせち料理。子どもに、

パパ〜、おせち料理って、なんでおせち料理って言うの〜?

こんな事聞かれました。もちろんその時、おせち料理の意味や由来なんて知らなかったので、ごまかしましたが、文献等を見てようやく理解することが出来ました。

そこで、ここではおせち料理の意味や由来を子ども向けに噛み砕いて説明してみたいと思います。

子供に聞かれた時にも、ササっと意味や由来を答えれるように少し勉強してみましょう。

スポンサーリンク

おせち料理の由来を子ども向けに説明してみると…

今でこそお正月に誰でも食べる事の出来るおせち料理なのですが、元々おせち料理は神様の供物料理として宮中で出されていたものでした。

また、おせち料理は、季節ごとの節目「節句(せっく)」に作物の収穫を神様に感謝する為の物でもあったのです。

※「御節供(おせちく)」、「御節料理」などとも言われていました。

おせち料理の由来(大人向け)
中国から節供行事が伝わり、宮中では元旦や年に5回ある季節の節目の日の宮中行事で振舞われる料理を「御節供(おせちく)」と言っていました。これが略されて「おせち」と言われるようになったのです。
その後、庶民が宮中行事を生活に取り入れるようになった江戸時代頃、おせち料理は全国的に広まっていったのが由来になります。また、1年の節目で一番大切なお正月に食べる料理をおせち料理と呼ぶようになったのはこの頃からだと言われてます。

要は、江戸時代の*宮中行事が庶民に広まった…、これが由来としてあるわけですね。

※宮中(きゅうちゅう)・・・皇居の中のこと

では、

そんな宮中行事が由来のおせち料理ですが、宮中行事に使われていたという事もあって、やはりお重の中に入っている物には色々な意味が込められています。

早速、おせち料理の意味お重に入っている食べ物の意味について子ども向けに説明してみたいと思います。

おせち料理の一の重・二の重・三の重とは?

もともと重箱は四段重が基本だったのですが、最近は三段重や二段重の方が多くなってる印象が強いですね。詰め方にも一応の決まり事があるのでご紹介しておきますね。
4段重
一の重
祝い肴(ざかな)/黒豆・数の子・田作り等
二の重
甘いもの/伊達巻・きんとん等/紅白かまぼこ
三の重
焼き物(海の幸)/海老・鰤(ぶり)
与の重
野菜類や煮物(山の幸)/たたきごぼう・蓮根・くわい
※「四」は忌みを表すので使わないこともあります。
三段重
一の重
祝い肴(ざかな)/黒豆・数の子・田作り等 + 甘いもの/伊達巻・きんとん
二の重
焼き物(海の幸)/海老・鰤(ぶり)/紅白かまぼこ
三の重
野菜類や煮物(山の幸)/たたきごぼう・蓮根・くわい
二段重
一の重
祝い肴(ざかな)/黒豆・数の子・田作り等 + 甘いもの/伊達巻・きんとん/たたきごぼう
二の重
焼き物(海の幸)/海老・鰤(ぶり)/野菜類や煮物(山の幸)/蓮根・くわい/紅白かまぼ

では、お重の中に入っている食べ物の意味について簡単に解説したいと思います

おせち料理:一の重(祝い肴・口取り)

重箱を重ねたとき一番上になるのが一の重。

一の重には*お屠蘇(おとそ)を祝うための祝肴(さかな)を詰めます。

その中でも、三つ肴(みつざかな)を入れます。

※お屠蘇(おとそ)・・・日本酒やみりんで生薬を浸けこんだ一種の薬草酒

<三つ肴>

  • 数の子
  • 田作り
  • 黒豆(関西:たたきごぼう)

三つ肴は正月には欠かせないものとされていますね。

<数の子>
子宝に恵まれ、子孫繁栄を願っています。数の子は卵が多いニシンの子なので、「二親(ニシン)健在」にも通じます。
<田作り>
イワシは田植えの際、肥料に使われていました。田を作るという意味から田作りと言われています。また、イワシの肥料を使った田んぼは豊作だったので、五万米(ごまめ)とも呼ばれています。そのため、田作りは豊作を祈願する食べ物とされています。
<黒豆>
まめ(まじめ)に働き、まめ(健康)に暮らせるようにと、無病息災を願った食べ物です。また、黒色は道教で魔除けの色とされています。
<伊達巻>
伊達は華やかさを表す言葉で、巻き物が書物や掛軸に通じることから知識や文化の発達を願っています。
<栗きんとん>
漢字で金団と書くので、金銀財宝を意味して、蓄財につながる縁起物とされています。
<錦玉子>
黄身と白身が金と銀にたとえられ、二色をにしきとかけているとも言われています
その他にもおせち料理のお重にはたくさんの縁起物が入っていますので、簡単に紹介したいと思います。

おせち料理:二の重(焼き物

二の重には一の重に詰め切れなかったものや煮物をつめることもあります。

<海老(エビ)>
海老の姿のように、腰が曲がるまで長生きしますようにと願ったものです。
<ぶり>
出世魚であるぶりにあやかって出世を願うものです。
<鯛>
祝いの席にはつきものですよね!
<うなぎ>
おせち料理にうなぎを入れるようになったのは、ごく最近です。「うなぎのぼり」にあやかって、出世を願っています。
<紅白かまぼこ>
かまぼこの半円状が初日の出に似ていることから、年神様を表し、おめでたいとされています。また、赤は魔除け、白は神聖を表し、紅白で縁起が良いとされています。

おせち料理:三の重(野菜類や煮物)

筑前煮や煮しめなど、季節の野菜がたっぷりの煮物が入ります。

これらは家族仲良く一緒に結ばれるという意味があります。

<たたきごぼう>
ごぼうは、地中深くに根を張るので、家がその土地にしっかり根付いて安泰にという願いが込められています。
<酢蓮>
レンコンは、仏様のいる極楽の池にあると仏教では言われています。そのため、けがれない植物です。また、たくさん穴が開いているので、将来の見通しがいい縁起を担いだ食べ物です。
<昆布巻き>
喜ぶに掛けられています
<ちょろぎ>
長老喜と書いて、長寿を願います。
<紅白なます>
紅白は水引を表していて、平安と平和を願っています。
<菊花かぶ>
旬のカブを菊を飾り切りにして、紅白の酢の物にしたものです。これは長寿を願うものです。

おせち料理はいつ食べるの?

おせち料理=元日という印象があり、実際元日に食べるという家庭が多いと思います。

でも北海道や東北のほうでは、大晦日におせちを食べるという習慣もあります。

実は、

おせち料理は新年を迎える料理として大晦日の夜に食べるものだったのです。

そして、段々重箱に詰めておもてなしをする料理となり、大晦日には年越しそばを食べると言うように変わってきたのです。

北海道や東北では伝統にそって大晦日に食べられていることからも、地域や各家庭の風習によって変わるものもあるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?まとめてみると、

おせち料理の由来や意味のまとめ
  • おせち料理は元々お正月の料理ではなかった
  • 季節ごとの節目に作物の収穫を神様に感謝する為の物
  • 宮中行事が庶民に広まったもの
  • 縁起のいいものだけを詰め込んだもの
  • 「おせち料理」は「御節供(おせちく)料理」の略

と言うことになります。子供さんにおせち料理の意味や由来を伝える場合も以上の5点を抑えておけば十分ではないでしょうか?

また、

おせち料理は縁起物など、願いをこめたものが多いですが、日持ちするものも多いですよね。

お正月の三が日くらいは台所に立たなくても良いようにという配慮もあるそうなので、女性にとっては嬉しい風習でもありますね。

年の始まりはおせち料理を食べて是非、家族で縁起担ぎをしてみてはいかがでしょうか。

そして、

正月飾りを飾るご家庭も多いと思いますが、正しい処分の仕方を知っていますか?以下の記事で紹介しましたので、今年は正しい処分方法を実践してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事